つき合いが浅いとそれに気がつかなくてρ扱いにくい人だなあ。と思うかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単なことなんですよ」だそうだ。例えば、ミステリー・マニアの型がハラハラ、ドキドキのクライマックス場面を読んでいるとする。そんなときは、そのミステリーの世界に没入しているわけだから、い。話しかけようものなら「うるさい1」の一言が飛んでくる。だが、型の集中力はスプリンター型である。マラソン・ランナー級にじっと長続きするものではない。ふっと、集中力が途切れるとき、ある人はタバコに手がいったり、ある人はコーヒーに手がいったりするわけだ。そんなときに、「ずいぶん熱中して読んでいるけど、面白いの?」と、すかさず話しかければよい。嬉々として、いかに面白いかを話しはじめるかもしれない。この呼吸をつかむことだ。放っておくしかなサインは人それぞれである。ある人は熱中すればするほど、タバコやコーヒーをガブ飲みする。かもしれないりしょうがないそこは、各人がつき合いを進めるなかで、相手の。Hクセをつかんでいただくよ相手の気分を害さぬよう気を遣いすぎて没交渉に陥るより、何度か失敗しても、このか合いののタイミングをはかりながらコミュニケーションを絶やさぬようにしたほうがよいのだ。型がかんしゃくを起こしても、それは単に気分的なものだから、あとに尾をひくようなことはなそれより、コミュニケーションが途絶えたとき型がまったくあなたに興味を失う危険性のほうが恐ろしい。いつまでも打ち解けない娼型にはにはよく見られるタイプかもしれない。それを、「ニヒルなポーズをつけている男の子、お高くとまっているように見える女の子、どちらも油型なんだ、カッコつけて1」と嫌う人もいれば、。「近寄りがたい雰囲気がいい」と憧れて恋をする人もいるそんな、カッコつけの組型とを使って、つき合いを始めた人の一番の悩みは、「いつまでたっても打ち解けてくれないのは、これ以上つき合いを深入りさせたくないからではないか」という点のようだ。「私のことを知ってもらいたい」という一心で、故郷の街の話や小学校時代の思い出話をしても、相手は自分のことをなかなか話そうとしない。そこで、相手が話にのってきそうな軽い話題に終始することになる。ファッションの話、最近見た映画の話、話題の音楽の話・:会えば会話が弾んで楽しい時聞が過こせるのだが、なにか物足りない。「こんな話なら誰とでもできる。

私があなたと話したいのは、あなた自身のこと、私自身のこと」そんな思いを口にすると、組型ならば「人のことをあれこれ詮索する人聞は好きじゃないんだ」などと突っぱねてしまう。「あなたの本当の姿が見、えない」と、距離感をいよいよ強く感じて悩む人も出てくる。自分のことを打ち明けたがらない恋人がいて、それがもし油型であるとするなら、無理に相手のプライベートな部分に踏み込もうとするのはタブーである。型には、自分から「自分のことを話しておきたい」と思うのを待つのが得策だ。ちょうどントを脱がせる競争をするH北風と太陽。の童話のようなものかもしれない。北風と太陽が、道を行く旅人のマ。北風はありったけのカを出して風を起こし、旅人のマントを吹き飛ばそうとするが、旅人はいよいよ7ントの胸元を固く締めて吹き飛ばされまいと頑張る。ところが、太陽がポカポカ暖かい日差しを送ると、旅人はすぐにマントを脱いで汗を拭くのだ。身にまとっているマント。を脱がせたいと思うなら、太陽のように暖かい日差しを送らなければならない。油型にとってH暖かい日差し。とは、人の思い遣り、気遣い、そして、安心してすごせる楽しい時間といったものだろう。だから、「会えば楽しい時聞が過ごせるのに、なにか物足りない」という状態は、かあと一息のところなのである。イライラせずに、相手が自ら自分を語りたくなるのを待つことである。ただ、その自らを語るときの表現もストレートなものは期待できないかもしれない。うっかりすると聞き逃しそうな普段の会話のなかに、それとなく相手の人となりが渉んでいるような、そんな話し方になるだろう。微妙なニュアンスを聞きもらさぬよう、気をつけていただきたい。型がこんなとき揺るぎない愛情||安定期型の説教はありがたく拝聴する型は人から頭を押さえつけられるのが嫌いでのつきあいが安定期にさしかかると、男も女もなんとかグ王滋雇。を握ろうとする人も目立つ「ここで甘い顔を見せては後々のためにならないから:::」と、実際におっしゃる亭主関白カカア天下予備箪。たちである。型がやたらと説教を始めるのもこの頃からだ「おまえは細かいところをいちいち気にしす、とかく人の上に立とうとする意識が強い。一一人。、H人間論。ぎる。だいたい生論人間なんでものはなあ:::」と、突然中年のおじさんよろしくを治々と話し始めるのを見てびっくりなさる方も多いと思う。、「いわれなくとも、そんなことわかってます」と真っ向から逆襲に出るといよいです。

笑いだしてしまう人もいるかもしれないが、笑い飛ばしては「パカよ型は熱くなる。思わずにされた」とイジケさせるのがオチである。。・H人悪いことはいわない、型の説教はだまって聞いてあげることだ。それも、ただうわの空で聞き流している風を見せてはいけない。ここというポイントでは、少しオーバーなくらい感心してみせ、オヤツと思うところではちょっと反論してみたり、質問を繰りだしてみるのがよい。受け身でかわしながら時折ジャブを繰りだす、これをやるといよいよ型の舌はなめらかになる。・「それでは、いつまでもお説教を聞き続けることになりますね。私などは、もう何度も同じ話を聞かされて耳にタコなんです。なんとかなりませんか?」そこは、こう考えていただきたい。,急がば回れと。相手を熱くして怒らせたら、いよいよ話は長くなる。ピシャリと一吉一田でその場は黙らせても、その件で再び説教を繰り返すのは変わらない。ただ、相手の心象を悪くするだけだ。説教を聞いて、相手の気分を良くさせておくのが、結果的には最も得策と思うのだが、いかがだろうか?聞き上手に徹すれば、二人の聞の主導権は向こうにあると見えて、実はこっちがしっかりと握っているという図もできあがる。もっと上手な人になると、積極的に教えを請うたりする。「マル優が廃止になったら、貯金はどうするのが一番賢いのかしら?」と持ちかけて型の彼に一生懸命勉強させ、ご自分はそのエッセンスだけをH教えていただいうわて。てぺ知識も増えれば彼も得意顔という一枚上手の女性もいた頼りにされたら、「ここ一番、いいところを見せてやろう」と、何冊もブ厚い本を読んで勉強するのが型だ。頼りにされたり、甘えられるたびに、「こいつにはオレがいなければダメなんだ」という意識に篤かされるのだ。つきあい始めはその外面しか見せていなかった型が、揺るぎない仲となって初めて砂地を見せる。わけだ。同棲を始めてしばらくしたカップルの一人が、「ウチの同居人は、風呂上がりにスリップ一枚で部屋の中をウロウロするようになってιがいよいよ固くなる。それこそ、こちらの思うツボではないか。型の。豹変々は安定期の印女定期。を迎えたカップルの聞から、こんな驚きともボヤキともつかぬ声が聞こえてくること、がある。「知り合った頃はフットワークの軽いマメに動く人だなあ、と思っていたらこの頃は一緒にいるとタテのものをヨコにもしない、まったくの不精者です。

人が変わったというのか、地が見、えてきたというのか::」どんな血液型の人でも、遠慮のない仲になれば多少の。慣れ。が出てくるものだが、型の場ぞとづらうちづらロはかなりそれが激しく見えることがある。人が変わったというよりは、その外面と内面の違いまった。女も恥じらいを忘れると終わりだ」などと嘆いてみたり、「しっかり者だと思っていたら、とんでもないオッチョコチョィ。かえって人間味を感じますけどね」と喜んでみたり。たいていは、「こんな一面もあったのか1」と驚いたり、感心したりしながら、一層二人の親密さは増していくものである。型のカップルを観察していると、どちらかというと、男性のほうが、女性の変わりぶりに目を見張ることが多いようだ。、女性にはいつまでも慎ましやかで、恥じらいを忘れないでくれと願う男性は多いが、それも程度問題だろう。一番心を許せる相手であるはずの恋人の前でも寛げないとなると、緊張状態が続いてさぞかし窮屈な思いをしなければならないからだ。のべつスリップ姿で歩かれてはたまらないが、ご自分もパンツ一枚で歩くような状況なら相手だけを責めずに、おあいことしなければなるまい。両親揃って教師で型、非常に厳格に綾けられたやはり型のお嬢さんがいた。この人は、恋人ができてもなかなかか他人行儀。な作法が抜けない。彼のほうも最初は「それが彼女の地なのだな」と思っていたらしいが、自分としても窮屈になってきた。「二人でいるときくらい、もっと楽にしていいんだよ」といっても、「はい」というばかりで、ちっともリラックスしているようには見、えない。あるとき、「恋人どうしというのは、遠慮やヨソユキの言葉遣いなどするものではない」という言い方をした。「恋人とはこうあるべきである」という言い方は、型の彼女には効果テキメンだった。厳格に育てられていただけに、本当は甘、えられる対象に飢、えていたせいもあるだろう。急に、二人の聞は甘いムードで一杯になったという。「私たちは遠慮のいらない仲になったのだ」と、心の中ではっきり一線をひいたとたん、型は実に驚くほどの変貌を見せることがある。表現控えめで、愛の言葉を口にできないような型でも、慣れ慣れしさをみせできたらそれがすなわち安心感の表現なのだ。安定度が増せばケンカも増す(?)型二人の問が親密になると突如、変貌をとげるのが型なら、あまり変化なし、というか、全然変わらない人もいるのが型だ。

そもそも、型には「ここまでが発展期、ここから先が安定、期」などという意識はない。下手をすると結婚しても夫として、あるいは萎としての自覚に欠ける人も目立つ。型にはケジメという概念が実に乏しい。長年つき合っている男性がいながら、しょっちゅう恋をしている女性がいる。恋した数だけ失恋も経験なさっているわけだが、またしても懲りずに「また素敵な人を見つけちゃった」とハシャぐ彼女を見て、一人の友人が忠告をした。「あなたには、君という恋人がいるではないか。それをなんですか1彼が気の毒とは思わないのか?」忠告したのは生真面目な型だったかもしれない。「ああ、あの人のことならいいのよ」彼女がこう答えるに及んで、その友達はいっそう頭にくる。「なんて、いい加減な女なんだ1」友人の怒りは親切心からでたことではあるが、型の彼女にとってはちょっと的外れな忠告ためだったといわねばならない。傍目には、あっちにフラフラ、こっちにヨロヨロしているような彼女でも、それほど長いつき合いを続けている男性がそれを許しているのであれば、それが、二人の{女定した状態なのだ。事実、「またフラれちゃった」「パカだな。おま、えにはオレでちょうどいいんだよ」そんな会話が二人の問では日常茶飯だったのである。二人のようにてしまそれでなぜこ人の親密な関係が維持できるのかと不思議に思われる方もいるかと思うが、その、なんでもアケスケに話ができる間柄になっていることがその条件なのであるンボンいいあって、それでケンカになったとしてもそれでいいのだ。本気になって相手を怒らせったとしても、型が相手なら、頃口を見計らってホメておだてて持ちあげると一発で機嫌がなおるO「この一言で、必ず相手はコロッと機嫌をなおす」という、穏のか殺し文句る人もいる。いないんだ」といった内容の文句だったと記憶しているサツパリするし相手も機嫌を直してくれる」と語るその人を見て、そのときは、人のいい種族なんだろうと思ってしまった。とはいっても、そのフォローがキチンとできる人だからこそ、のだ。「いわなくても、オレの気持ちはわかるだろう?」は殺し文句を考、えているのが;エライ。ともいえる。組型の望みは淡々とした安住の日々飽くなき上昇志向の型、現状打破に燃える型、変化、波乱の人生を求める比べると、日山型は平穏無事で安定した日々の中にこそ。一まで用意してい罵墨田雑言、言うだけ言って「いろいろ言ったのです。

こんなことをいえるのも君しか、自分も。「この程度のことが言えれば型とはなんと型とのいい関係が長く保てる単なる怠没。と心得て、ちゃんとB型・・これに幸せ。を感じるほうだ。従って、二人の。ボ聞が安定期を迎えたと自覚する川崎型は、淡々とした日常の中に小きな喜びを発見して満足感を得る。俵万智が『サラダ記念日』の中で詠んだ、午後四時に八百屋の前で献立を考、えているような幸せといった世界が油型にはよくわかるのではないだろうか。ただ、そこのところでちょっとした勘違いが起こるケスもある。一人暮らしの長かったある男性が、ようやく一人の女性と巡り合って、しばらくつきあいを続けるうちにいろいろと世話をしてくれるようになった。週末、部屋に来てくれては掃除、洗濯、料理などに腕をふるってくれるのである。最初の頃は「そんなことまでさせてしまって悪いなあ」と、しきりに恐縮していた彼だった。あまりか家庭的。に見えなかった彼女の女らしきを発見した驚きもあった。そんな生活が半年も続くと、身の回りの世話を焼いてもらうのがあたり前のような感覚になってきた。「これ洗っておいて」と頼めば彼女はだまっていうことを聞いてくれる。そんなある日、彼女は突然ストライキを始めた。「どうしたんだ?」と聞けば、「理由がわからないあなたのそのニプきが嫌いだ」とふくれっ面をする。「いったい、どうしたらいいんですか?」と彼は訴えるのである。彼女が型だったら、怒るのも当然である。結婚して主婦の座に納まった女性ならともかく、まだ結婚もしていない彼女が彼の身の回りのこまごまとした世話をしてくれるのは彼女の好意かもういちどらである。その好意を彼がn当然。と思ってしまった瞬間から「感謝の気持ち」は失われる。尽。くす喜びも、尽くした相手からの。感謝。というリアクションがあって初めて報われる彼は、もう少しはっきりと感謝の気持ちを態度に表せばよいのだ。なにも「ありがとう」と一一百うのばかりが感謝の表現ではない。料理を作ってもらったときは、おいしいなら「おいしい」、まずいなら「この前の味付けのほうが好きだったな:・・」とでも言っておく。要は、手間暇かけてくれた彼女の努力を評価してあげることなのだ。さもないと、「犬だって、エサをあげたらちゃんと尻尾を振って喜んでくれるわ。犬を飼うほうがマシね1」などと、イヤミ口-調の手痛いしっぺ返しが飛んでくることになるだろう。